ロレックスの時計、デイトナ(daytona)を最も高く売るならブランド風月へ

総合TOPへ

時計買取専門サイト

0120-339-599
メニュー
営業時間
10:00〜19:00
定休日
年中無休
ロレックスの買取

ロレックス デイトナの買取について

フリーダイヤル
高級時計の代名詞といえるロレックス。歴史・信頼性・性能ともに群を向いている世界屈指のブランド時計の代表モデル・デイトナ。買取強化しています。
高価格買取に自信を持つブランド風月では、時計の中でロレックス(Rolex)の人気モデルであるデイトナ(Daytona)を業界最高水準の高価にてお買取をさせて頂きます。使用回数が少ない、コレクション整理をお考えの方や長年使用して、購入から時間が経ったデイトナをお持ちの方は是非当店まで買取をご相談ください。外箱や内箱、ギャランティー、取り外したコマなどの付属品が無くても買取に問題ありませんが、買取をするにあたり査定金額の増減に影響する場合がございますので、お持ちの場合は必ずご一緒にお持ちください。
動かない・壊れているなど動作に不具合があり、処理に困っている方も一度拝見させてください。弊社では時計修理サービスも行っております。またLINEやチャットでの事前査定や宅配買取も行っておりますので、お店に出向く時間がない方も是非お気軽に買取をご相談ください。
ブランド風月の「まごころ買取」について
気持ちの良い「おもてなし」、正確かつスピーディな査定、高品質な商品のご提供。安心できる理由があります。

詳しくはこちら

LINE査定

デイトナ強化買取モデル紹介

男心を刺激する時計、圧倒的な人気を誇るデイトナのお買取を強化しております。

ロレックスで唯一のクロノグラフモデルを採用し、NASAの宇宙計画が始まった1960年代に誕生したデイトナ。デイトナの前身となるRef.6238は、ベゼルにタキメーターメモリが刻まれ、1960年代には精度・耐久性ともに強化されました。さらに第三世代のデイトナRef.6265は、ねじ込み式プッシュボタンが採用され、防水性も強化されています。この頃より、旧デイトナの需要が高まり、熱心な時計コレクターが血眼になって探した人気モデルでもあります。2000年にロレックスが自社開発クロノグラフムーブメントを発表し、自社キャリバー4130搭載の新型デイトナを発売。多彩なバリエーションが発表されています。
ロレックス 時計の高価買取実績一覧
  • デイトナ 116519GK ソーダライトとダイヤに目を奪われる、ロレックスの時計デイトナ116519G K番を箱とギャラ共にお持ち頂きました。
  • デイトナ 16520E エルプリメロ搭載のロレックス時計、デイトナ16520 E番。風防も無傷で高価査定にて、買取価格をご案内しました。
  • デイトナ 16523L ロレックスのスポーツタイプの頂点となる時計デイトナのYGを使用した、16523Lをお買取り致しました。
  • デイトナ 116523 Cal.4130を搭載した、ロレックスの至高の時計デイトナRef.116523を高額査定にて、お譲りいただきました。
  • デイトナ 116518NGY キング・オブ・クロノグラフと呼ばれる時計、ロレックスのデイトナ116518NG Y番を付属品と共にお持ち頂きました。
  • デイトナ 116520 スポーティーとラグジュアリーが融合する至高の時計、デイトナ116520を他店様に負けない価格で買取りました。
  • デイトナ 116509V ベゼルに小さな傷がございましたが、ロレックスを代表する時計、デイトナ116509 V番を高価査定で買取りました。
  • デイトナ 116519 同じダイヤルが存在しない時計となり、隕石ダイヤルを使用したロレックスの時計、デイトナ116519を買取りました。

もっと見る

デイトナ 参考買取価格

アイテム名程度参考買取価格
デイトナ 116519デイトナ 116519A品¥1,500,000-
デイトナ 116515LNデイトナ 116515LNA品¥2,000,000-
デイトナ 16518デイトナ 16518A品¥1,200,000-
デイトナ 116520デイトナ 116520A品¥1,000,000-
利用された方の感想 お客様の声

ロレックスの時計買取を御利用頂いたお客様の声

お客様の声
  • 店舗買取
  • 茅ヶ崎店
  • 時計

評価:4

10年間の節目に時計の買い替えを決意、買取をお願いしました。

10年に1度、ロレックス時計を買い替えるようにしており、今年は買い替えの年ということで今まで使用していたデイトナを買取ってもらおうと決意しました。会社を経営していることもあり、中々買取専門店に足を運ぶことができず、困っていたところ、高価買取とうたっているブランド風月さんのホームページを見つけました。買取の事前査定も可能でチャット査定を行ったところ、満足の行く買取価格になりそうだったので、宅配買取サービスを利用しました。査定結果も丁寧に解説して頂き、好印象だったため、買取っていただくことにしました。

10年間お使いの時計ということで心配された経年劣化や傷などはほとんどなく、とても丁寧に使用されていたため、お客様がご満足いただける買取価格をご提案することができました。お客様がお持ちになった型番は、ロレックスがクロノグラフを自社開発し始めた2000年に発売された第三世代のデイトナです。当時、時計業界でも話題になっており、人気が高いモデルでもあります。さらにお客様のお使いだった時計、デイトナはRef.116523Gです。素材はステンレスと18Kイエローゴールド、羅針盤色はブラックダイヤルと8Pダイヤがあしらわれており、ステータスが高い男性を演出する時計としても十分です。また、サファイヤクリスタルガラスを使用しており、風防、耐水性ともに高いモデルの時計です。時計の箱・保証書などの付属品も綺麗に保管されていて、目立った傷も少なかったため、高額で買取らせて頂くことになりました。もちろん、時計の動作も問題ありませんでした。ブランド風月ではロレックスの第三世代デイトナの買取を強化しております。多少の傷があったとしても他社よりも買取価格は高価格で買取をさせて頂きますので、買取を検討されている方は一度拝見させてください。

鑑定士 小室 雄一

[鑑定士]小室 雄一

「お客様の声」をもっと見る

ロレックス デイトナについて

クロノグラフを唯一使用したモデル デイトナ

デイトナ(Daytona)の歴史は1930年代に遡ります。当初はクロノグラフムーブメントの専門メーカー『バルジュー社』が作るキャリバー22を搭載していました。1940年代後半から50年代に、多種多様の文字盤やケースなどが登場していきます。1960年代になる現在のデイトナシリーズの前身となるコスモグラフ・デイトナが誕生します。1960年代半ばには耐久性、精度とともに強化されたバルジュー727にモデルが変更され、その後、20年以上踏襲されていきます。

1970年代には、第三世代デイトナRef.6265に初めてねじ込み式プッシュボタンが採用されました。これにより、防水性能は水深50mまで強化されています。その後、ゼニス社の自動巻きモデルである「エル・プリメロ」を改良したキャリバー4030を搭載しました。この時にデザインも各パーツも大幅に変更されました。2000年に長らく変更がなかったクロノグラフムーブメントですが、ロレックス自社開発のキャリバー4130が採用となり、全く新しいデイトナが発表されました。素材もステンレススチールやイエローゴールド、ホワイトゴールドが採用され、ダイヤルも黒やゴールド、ホワイト、ブルーなどバリュエーション豊かなモデルとして、愛されています。

ロレックスの時計、デイトナのお買取はブランド風月にお任せ下さい。

ページトップに戻る