青森の日本酒・田酒の高価買取ならブランド風月

総合TOPへ

お酒買取専門サイト

0120-339-599
メニュー
営業時間
10:00〜19:00
定休日
年中無休
田酒の買取

日本酒:田酒の買取について

ワンクリックでお問い合わせできます 0120-339-599 【受付時間】10:00〜19:00
田酒の買取について
青森が生んだ銘酒「田酒」。ブランド風月では田酒の買取を強化しております。なお、日本酒・田酒のお買取は製造から半年以内のものに限らせていただいております。これは未開封の状態でも空気、温度、光によって簡単に劣化してしまう為です。ご自宅にお持ちで飲まない日本酒・田酒がありましたら、製造年月をご確認の上、是非ブランド風月にご売却ください。お近くにブランド風月店舗がないという方、重いお酒類には全国どこでも無料宅配買取サービスがご好評をいただいております。ブランド風月のホームページから宅配キットの申込が簡単でございます。また、いくら位になるのか、ざっくりとした金額を聞いてみたいお客様にはメール査定、LINE査定、またはお電話での査定も行っております。お気軽にお問合せください。
ブランド風月の「まごころ買取」について
気持ちの良い「おもてなし」、正確かつスピーディな査定、高品質な商品のご提供。安心できる理由があります。

詳しくはこちら

LINE査定
日本酒 田酒 高価買取実績一覧
  • 田酒 石田屋 青森県の社西田酒造が手掛ける日本酒、田酒。斗瓶取り 純米大吟醸1升瓶をブランド風月が買取りました。
  • 田酒 二左衛門 田酒の冬季限定酒、特別純米酒 山廃の1升瓶。特約店でも購入が難しいお酒をお譲り頂くことが出来ました。
  • 田酒 大吟醸しずく 桜柄のラベルが目を惹く田酒の純米吟醸、百四拾。日本酒の人気銘柄の買取査定は当店にお任せください。
  • 田酒 火いら寿 精米した山田錦を45%する青森の日本酒、田酒の純米大吟醸 四割五分を高価査定にてお買取り致しました。

もっと見る

田酒 参考買取価格  ※2016年11月情報

アイテム名程度参考買取価格
田酒 山廃 特別純米酒田酒 山廃 特別純米酒1800ml¥3,000-
田酒 純米大吟醸 四割五分田酒 純米大吟醸 四割五分1800ml¥4,500-
田酒 斗瓶取り 純米大吟醸田酒 斗瓶取り 純米大吟醸1800ml¥8,000-
利用された方の感想 お客様の声

田酒の買取を御利用頂いたお客様の声

お客様の声
  • 店舗買取
  • 八王子店
  • お酒

評価:4

田酒の特別純米酒を買い取ってもらいました

知人に頂いたものの、すっかり日本酒が飲めなくなってしまいどうしようか悩んでいた時に、ブランド風月さんのチラシを見てお酒の買取もしていると知り、買い取ってもらいました。お電話で日本酒の買取の場合、製造年月から半年以内だと教えてもらい慌ててお店に持って行きました。鑑定士の方が親切な対応をしてくれたので持って行って良かったと思っています。いろいろお世話になりました。

このたびは数ある買取店の中より、ブランド風月横浜関内本店にご来店いただきまして誠にありがとうございました。ブランド風月ではブランド品の他に、貴金属やお酒、金券などのお買取もさせていただいております。是非、お気軽にお越しくださいませ。お持ちいただいたお品物は日本酒の「田酒 特別純米酒」でございます。磨きが高い特別純米酒ですね。これからの季節、鍋のお伴にいいですね。お譲りいただきありがとうございました。ブランド風月では青森県の銘酒「田酒」のお買取を強化しております。特に昨今の日本酒ブームに伴い、中古市場でも価格が高騰してますので、ある意味今は「売り時」になります。特別純米酒、純米吟醸、純米大吟醸、古城乃錦などすべての買取に自信があります。また限定酒や希少なボトルなどは特に買取強化中です。仕舞っていても劣化するばかりの日本酒は保存も難しいので、飲まないものであれば査定額が下がる前にお早めにブランド風月へご売却ください。

鑑定士 鮎原 直之

[鑑定士]鮎原 直之

「お客様の声」をもっと見る

田酒について

青森県の地酒”田酒”は
青森県青森市の油川にある創業明治11年の株式会社 西田酒造店の作る日本酒

日本酒の原点に帰り、風格ある本物の酒を造りたいという強い思いで3年の歳月をかけて商品化されたブランドである「田酒」。田の酒と書いて「田酒(でんしゅ)」。田んぼで生まれたもの以外は使わないという徹底した思いと、米に拘った米の旨味が冴える純米酒です。いくつかの工程から作られるお酒。まずは米ぬかや余分なたんぱく質、カリウムなどを洗い落とす洗米。白米に秒単位で水を吸わせる浸漬をした後に蒸米(ふかし)に入ります。これは熟練した杜氏の技が必要となります。その後、放冷作業で素早くむしろに広げ用途によった温度に下げます。麹造りを経て酒母を造り、アルコール発酵をしてもろみになり、原酒と酒粕に分けるふながけをし、上槽された清酒の殺菌と酵素の働きを止める為に火入れという作業を踏んで初めて日本酒になるのです。

昭和49年に初めて純米酒「田酒」をリリース。昭和59年には「田酒 山廃仕込純米酒」、昭和60年には「純米吟醸 田酒」、平成3年に「純米大吟醸 田酒」と次々と新作を発売しました。他にも「特別純米酒 田酒」、幻の米とも言われる古城錦を復活させて平成3年発売された青森市内限定販売の「田酒 古城乃錦」、青森県奨励の青森県産酒造好適米 「華想い」 を使用し平成15年に発売された「純米大吟醸酒 百四拾 田酒」、「純米大吟醸 田酒 古城乃錦」、「特別純米酒 山廃 田酒」、「純米大吟醸 山廃 田酒」、山田錦45%精米による「純米大吟醸 四割五分 田酒」、田酒の中でも最上級レベルの「純米大吟醸 斗壜取り 田酒」などがあります。そんな日本酒・田酒の買取なら、ブランド風月にお任せ下さい。

田酒のお買取はブランド風月にお任せ下さい。

お気軽にお問い合わせください 0120-339-599 [受付時間]10:00~19:00 [定休日]年中無休お問い合わせはこちら

ページトップに戻る