日本酒の獺祭の高価買取ならブランド風月にお任せ下さい

総合TOPへ

お酒買取専門サイト

0120-339-599
メニュー
営業時間
10:00〜19:00
定休日
年中無休
獺祭の買取

獺祭の買取について

フリーダイヤル
獺祭の買取について
いまや、獺祭は世界ブランドへと成長しており、ブランド日本酒のトップとなりました。獺祭の味わいは海外でも高い評価を得ています。ブランド風月では、そんな獺祭のお買取りを強化しております。定番の磨き5割から、入手ルートの限られた”磨き その先へ”まで、限定モデルなどのお買取りの実績も多数ございます。ラベルがボロボロになったお品物でも、ラベルに汚れのあるお品物でもお買取りは可能です。さらに、箱など付属品のない状態でもお買取りしておりますし、出張買取・宅配買取のご用意もございます。日本酒・獺祭のお買取りは製造年月日から6か月以内となっておりますので、お確かめの上、お早めにお持ち込みください。獺祭を高く買い取ってくれるお店をお探しなら、ブランド風月にお任せ下さい。
ブランド風月の「まごころ買取」について
気持ちの良い「おもてなし」、正確かつスピーディな査定、高品質な商品のご提供。安心できる理由があります。

詳しくはこちら

LINE査定
獺祭 高価買取実績一覧
  • 獺祭 磨きその先へ とても貴重な最高峰の獺祭である、”磨きその先へ”720mlをお譲りいただきました。
  • 獺祭 磨き2割3分 日本酒、獺祭の”磨き2割3分”(遠心分離)720mlを高価査定にてお買取り致しました。
  • 獺祭 磨き3割9分 獺祭の”磨き3割9分”(遠心分離)の一升瓶を箱付きでお譲りいただきました。
  • 獺祭 磨き2割3分 獺祭の中でも人気の高い、”純米大吟醸”(磨き2割3分)1800mlをお買取り致しました。
  • 獺祭 磨き3割9分 山田錦を使用した純米大吟醸、獺祭の磨き3割9分1800mlをお譲りいただきました。
  • 獺祭 純米大吟醸50 獺祭の”純米大吟醸50″で、1升瓶は買取りを強化中になり高価査定となりました。
  • 獺祭 女性のファンも多い日本酒、獺祭の”磨き2割3分”720mlを高価査定にてお買取り致しました。
  • 獺祭 磨き2割3分 獺祭より珍しいスパークリング、磨き2割3分のにごり酒 720mlをお買取りいたしました。

もっと見る

参考買取価格

アイテム名程度参考買取価格
獺祭獺祭 磨きその先へ720ml~¥18,000
獺祭獺祭 磨き2割3分 遠心分離1800ml~¥9,000
獺祭獺祭 磨き3割9分 遠心分離1800ml~¥7,000
利用された方の感想 お客様の声

獺祭の買取を御利用頂いたお客様の声

お客様の声
  • 店舗買取
  • 調布
  • お酒

評価:5

売れると思っていなかったです

初めてこちらに持ち込みましたが、こんなに高いものとは思いませんでした。いただいた際には、いつか飲む機会があれば、と思っていたのですが。こちらのHPを読んでみると、製造年月日というものが関係すると書いてあったので、びっくりしました。すぐに確認すると、まだ数か月残っていましたので翌日に持ち込みました。お店の方が丁寧に、相場というものから説明してくれたので、安心して売ることができました。

この度は、大切なお品物をお譲りいただきましてありがとうございました。今回お譲り頂いた獺祭ですが高級日本酒の代表格としまして、各界から熱いラブコールを受けるようなお酒となっております。その香りの華やかさや、独特の製法などから他の追随を許さない日本酒となっております。甘めの味わいが多く、すっきりとしたお酒ですので日本酒が苦手な女性など、いままでの日本酒が苦手だった方からの高い評価を得ているようなお酒です。そんな獺祭は、ブランド風月では積極的な高価買取を実施しているお酒のひとつとなっております。最近では百貨店などでの贈答品リストにも並ぶようになりましたので、ご存じの方はもちろん、贈答品としていただく方も増えているかもしれません。ご注意いただきたいのが、製造年月日でして、デリケートな日本酒は製造から6か月以内のお買取りに限定させて頂いております。こちらを過ぎてしまいますとお買取りすることができなくなってしまいます。特に「磨き その先へ」など、箱に入ったお酒は保管したまま忘れがちですので、日本酒は特にお早めにお持ち込みくださいませ。

鑑定士 越水 大悟

[鑑定士]越水 大悟

「お客様の声」をもっと見る

獺祭について

獺祭は、山口県で製造されております。

その味わいは、これまでの日本酒とは似ても似つかない、全く新しい日本酒を作り上げました。というのも、そのポリシーが「酔うための日本酒ではなく、味わうための日本酒をつくる」であることからして、いままでのお酒づくりと全く違うことがわかります。その味わいは、華やかさとともにすっきりとした甘みを感じる事が出来ます。お食事の際には、磨き50がおすすめです。通常、日本酒は磨き50となりますと大吟醸となります。大吟醸であることが高級日本酒のラインですが、獺祭の最低価格帯がすでに大吟醸なのです。

ちなに、磨きとは精米具合のことでして、お米粒に例えますと、磨き50はお米半分を削ってしまうことになります。ということは、獺祭磨き2割3分となれば、77%のお米を削って23%を残すと言うことになります。それだけ必要なお米の量は増えますから当然価格は上がっていきます。ではなぜ、”磨く”のかと申しますと、物理的にお米の外側には雑味が多くなります。そして凝縮された味わいというものは中心に集まります。そこで、より甘く、より”濃い味わい”のために、外側の雑味部分を削るというわけです。さらに、獺祭ではメジャーな遠心分離という製法ですが、こちらの遠心分離は、機械による物理的な圧力をかけたものとは違い、空気の圧力によって柔らかく均等に圧をかけることで、味わいにさらなるやわらかさを出すことができます。この遠心分離の機械を所有しているのは獺祭だけと言われています。獺祭はフランスに1号店をオープンし、日本酒と日本食のマリアージュを広める活動にも力をいれています。そんな今後も需要が見込まれる獺祭の買取なら、ブランド風月にお任せ下さい。

獺祭のお買取はブランド風月にお任せ下さい。

日本酒 その他の買取へ

お気軽にお問い合わせください 0120-339-599 [受付時間]10:00~19:00 [定休日]年中無休お問い合わせはこちら

日本酒 その他の買取へ

ページトップに戻る