グッチのバッグを一番高く買い取るお店ならブランド風月

総合TOPへ

バッグ買取専門サイト

0120-339-599
メニュー
営業時間
10:00〜19:00
定休日
年中無休
グッチの高価買取り

グッチバッグの買取について

ワンクリックでお問い合わせできます 0120-339-599 【受付時間】10:00〜19:00
グッチバッグの買取について
ブランド風月ではイタリアを代表するラグジュアリーブランド「グッチ」の買取を強化しております。1921年に創業したグッチは今日までに世界中に多くのファンを作り続けてきました。グッチを象徴とするGG柄をモチーフにした製品はバッグ、財布、アパレル問わずに人気が高く、ブランド風月でも特に買取を強化させて頂いております。その他にも竹素材を使用した「バンブー」ラインや、グッチこだわりの皮革を素材に使用した高級ラインの「シマ」、他のグッチ製品とは一味違ったヴィンテージ感溢れる「オールドグッチ」などは高価買取対象となっております。 グッチ製品の売却をご検討の方は、是非ブランド風月までご相談ください。
ブランド風月の「まごころ買取」について
気持ちの良い「おもてなし」、正確かつスピーディな査定、高品質な商品のご提供。安心できる理由があります。

詳しくはこちら

2017.08 キャンペーン LINE査定

グッチ バッグの強化買取ラインのご紹介

強化買取ライン グッチのバッグ
ファッションブランドは移り変わりの激しい世界の為、歴史あるブランドでも衰退してしまう事は少なくありません。しかし、豊富なコレクションを揃えるグッチは、時代の変化と共にユーザーの求める理想のアイテムを提案し続ける事が出来た為、トップブランドとしての地位が揺らぐ事はありませんでした。その中でも今日までグッチを支えてきた代表的なラインを4つほどご紹介させて頂きます。グッチはブランド風月でも特に買取を強化しているブランドの1つですので、売却をご検討中の方はブランド風月にご相談くださいませ。
グッチのバッグの高価買取実績一覧
  • ブリーフケース 男性に人気の黒×GG柄ブリーフケースをお買取致しました。ビジネスバッグとしても人気の高いバッグです。
  • バンブー リュック バンブーラインのリュックをお買取致しました。フリンジがアクセントになっており、年代を問わずお使い頂けるリュックに仕上がっています。
  • スーキー トートバッグ マグネット開閉式のスーキートートバッグをお買取致しました。
  • GGプラス トート PVC加工が施された事により、GGキャンバス素材よりも汚れや水濡れへの耐久性に優れたGGプラスのトートバッグをお買取致しました。
  • オールドグッチボーリングバッグ 中央のシェリーラインが目を引くオールドグッチのボーリングバッグをお買取致しました。
  • GGインプリメ ショルダートートバッグ 普段使いにも最適なお手頃サイズのGGインプリメのショルダートートバッグをお買取致しました。
  • スーキー デニム デニムカラーが爽やかなグッチのスーキートートバッグをお買取致しました。
  • シェリー ショルダートートバッグ グッチのバッグの中でも非常に軽く、機能性に優れたシェリーラインのトートバッグをお買取致しました。

もっと見る

グッチ バッグの参考買取価格

アイテム名程度参考買取価格
FN3156 グッチ SOHOブラックトートバッグ282307グッチSOHOトートバッグBランク~¥90,000
FA17256 グッチ PVCボストンバッグ ベージュ×茶オールドグッチミニボストンバッグ新品同様~¥12,000
FJ10898 グッチシマ ミディアムトートバッグ 163805シマ ミディアムトートバッグA品~¥60,000

査定プラスのポイント グッチのバッグ

査定アップのコツをお伝えいたします!
  • バッグ購入時の箱や袋の付属品
    購入時の付属品をそろえる
    グッチ製品をご購入された際のショップカードや保存袋、箱などをお持ちの方は査定額のUPにも繋がりますので、是非お品物とご一緒にお持ち下さいませ
  • レザー製品のお手入れ方法
    査定前のお手入れ
    キャンバス素材の製品はお手入れが難しい為、中のホコリ等をガムテープを使用し取り除いて頂けると査定額のUPにも繋がります。
  • バッグ以外の時計や金プラチナとのまとめての売却
    まとめての売却
    バッグや小物類をまとめてお売り頂くと、お買取金額に合わせて査定額をUPさせて頂きます。
2017.08 キャンペーン LINE査定
利用された方の感想 お客様の声

グッチのバッグ買取を御利用頂いたお客様の声

お客様の声1
  • 店舗買取
  • 平塚店
  • バッグ

評価:4

気分の良い査定スタイルに満足です。

以前ふらっと買い物に出掛けた時に、いくつかの素敵なバッグに巡り合ってしまいました。ただ、今でもバッグはいくつか所有しているので、これ以上はいらないかも。。という気持ちもありましたが、増えてしまうのであれば減らしてしまえばいい!という考えの元、買取に出すことを決めました。ただ、売りに出すバッグは普段使い用として使用していたバッグでしたので、細かい汚れなど見つけられちゃうんだろうな~という気持ちでした。でも、ブランド風月さんの査定はマイナスポイントよりもプラスのポイントをすごく考慮してくれる査定方法でしたので、ネチネチ言われる事を想像し強張っていた私としては、肩の力がスッと抜けました。査定額だけでなく気分良く取引する事が出来たので、今後また、バッグが増えてしまったらブランド風月さんを利用したいです。

グッチのニューブリッドダブルGトートバッグをお買取致しました。

この度は数あるお店の中からブランド風月をご利用頂き誠にありがとうございます。フロント部分のGGマークがアクセントとなったグッチのニューブリッドダブルGトートバッグをお買取致しました。お客様曰く普段使いとして良くご使用されていたとの事でしたが、目立った汚れや傷なども見受けられない良コンディションのお品物でした。また、今回は新しいバッグの購入資金として売却を決意され、買取価格次第で予算が決まるとのお話も伺っておりましたので、お品物の良い点をしっかりと評価した上で高価買取とさせて頂きました。色味が黒系のバッグですと、カドの擦れ傷や持ち手の剥離が目立ってしまいがちです。中古品のお買取市場としてもやはり擦れ傷の目立ってしまった状態のバッグの流通が多い為、今回お買取させて頂いたお品の様に擦れ傷の少ないコンディションの物ですと、私共としましても高額査定でご案内する事が可能となります。
お客様の方からもご満足頂ける金額でお買取させて頂いたようでこちらとしても嬉しい限りでした。トートバッグの他にも、グッチ製品であればショルダーバッグ、ハンドバッグ、ボストンバッグなど、形状を問わずに買取強化中ですので、ご不要になられたブランド品の買取はブランド風月にお任せください。

鑑定士 田中厳

[鑑定士]田中 厳

お客様の声2
  • 店舗買取
  • 平塚店
  • バッグ

評価:3.8

ブランド品のプロ!

何度か利用させて頂いているブランド風月さんにまたまたお世話になりました。最近は断捨離がマイブームなので、身近な物の整理を行っています。ブランド風月さんでは、この先使わないだろうな~と感じる重たいバッグや派手なバッグを買い取ってもらう事が多いです。プロの方なので当たり前かもしれませんが、ブランドというブランドに詳しい鑑定士さんが担当して下さるので、安心して頼む事が出来ます。おかげ様で断捨離も捗っているので大助かりです。

グッチGGクリスタルトートバッグをお買取致しました。

いつもブランド風月をご利用頂き誠にありがとうございます。リピーターのお客様よりグッチGGクリスタルトートバッグをお買取致しました。こちらのGGクリスタルラインは伝統的なGGキャンバスにグッチ独自の技法でビニールコーティング加工を施したラインとなっており、「クリスタル」の名に負ける事の無い艶感が特徴の製品です。キャンバスをはじめ、レザー、ナイロン、スエード、エナメルなど様々な素材を時代の流行に合わせて取り入れていくグッチのスタイルは、まさにファッションブランド業界を牽引する存在ともいえます。
ブランド品は流行の移り変わりがとても早く、旬なアイテムが「旬」であり続ける期間も短いと言われている為、私共としましても、ある程度早めにお持ち頂いた方が高額査定にてご案内できるかと思います。ただ、ご購入されてすぐに手放すという事はとても難しいご決断になりますので、売却の際はごゆっくりとお考え頂ければと思います。グッチをはじめとするブランド品のお買取ならブランド風月にご用命ください。バッグ以外にも、お財布やキーケースなどの小物類、洋服や靴などのお買取にも対応しております。
お見積りはもちろん無料!皆様の大切なお品物はしっかりと真心を込めて査定し、金額にてお応えさせて頂きます

鑑定士 田中厳

[鑑定士]田中 厳

「お客様の声」をもっと見る

グッチのバッグについて

1921年にグッチオ・グッチがイタリアのフィレンツェにてレザー製品の専門店として創業した事が、グッチの長い歴史の幕開けと言われております。

グッチについてグッチオ・グッチは馬具や旅行鞄に関連する製品を多く生み出してきましたが、彼の死後は息子のアルドを筆頭にフレグランスやレディースファッションといった今までにない分野の製品開発にも注力しました。その勢いに乗じてニューヨークにもショップを開いたグッチは60年代頃に代表作ともいえるホースビットモカシンを発表し、これがアメリカを中心に話題となり、瞬く間にグッチの名が世界に響き渡りました。その後、日本でもグッチの製品が取り扱われる事となり、今までにないキャンバス地にコーティングを施したGGキャンバスや竹を使用したバンブーラインのバッグが日本の若い女性の間でも大人気となりました。

グッチについて現在のグッチは、LVMHグループやリシュモングループと並ぶケリンググループの柱とも言うべき存在として時代の最先端を先導しています。また、ケリングはグッチの他にもボッテガヴェネタ、イヴ・サンローラン、バレンシアガ、ブシュロンなど海外ハイブランドを代表するメーカーのグループ企業としても認知されています。時代の変化にも適応する事ができる柔軟さと、伝統を重んじる信念の強さとの両立こそがグッチがグッチとして世界各国に多くのファンを持つ理由ではないでしょうか。

グッチのバッグのお買取はブランド風月にお任せ下さい。

お気軽にお問い合わせください 0120-339-599 [受付時間]10:00~19:00 [定休日]年中無休お問い合わせはこちら

ページトップに戻る